熊本市|浮気や素行調査からストーカー対策まで対応

人探し・行方調査

家族が突然蒸発して行方不明になった。友人(知人)にお金を融通したがその後連絡が取れなくなった。など多岐にわたる人捜し、行方調査をお手伝いします。

人探しや行方調査は、下記例のように多岐に渡る調査です。基本的には着手金+成功報酬の形で承っておりますので御気軽に御相談頂ければ幸いです。

よくあるご相談内容の例

  • 家族が突然蒸発して行方不明になった。
  • 家族間のトラブルにより子供が家出し行方不明に。
  • 友人(知人)にお金を融通したがその後連絡が取れなくなった。
  • 幼い頃事情により生き別れになった肉親等を探している。
  • 昔、お世話になった知人(恩師等)を探して会いたい。
  • 同窓会等で連絡を取りたいが所在不明の同級生がいる。
  • 初恋の人に会ってみたい。
  • 認知症等の疾病等による行方不明者を探している。
  • 交通事故や事件等に関わる失踪者を探している。
  • 当社HPによる公開捜査(肉親等に限る)

調査事例

調査事例A

信頼していた元請業者が不渡りを出して失踪した。工事代金は施主より受領しているとの情報であったが、被害にあった業者様方が自分も含め4名に上る為、皆で話し合い調査依頼をする事に・・・。

着手

まず先の業者様方が被調査人の家族をよく御存知であった為、その実家等を張り込み調査実施。数日が経過しても被調査人の姿は確認出来ず、実家も雨戸まで締め切っており静まり返ったままである。

苦し紛れ?の手掛かり

張り込み調査を実施して数日が経過したが被調査人は姿を見せない、そんな時一人の調査員が声を掛ける「隣のパチンコ店駐車場に止めてある車輌、あれこの数日間ずーっと止まりっぱなしですよね・・・。」言われてみれば確かに・・。調査の結果、名義上は被調査人と関係無いが登録住所等から考えてもここにあるのは不自然である・・・。「よし!あの車輌をマークしよう!」殆ど探偵としての「勘」である。その後数日が経過しある日の早朝・・「社長!車輌が移動を開始しました!」との一報を受け、早速現地に急行。マークした車輌を県外でやっと捕捉する。「やった!本人(被調査人)だ!」よっしゃー!!!・・・その後尾行調査により被調査人らが他県のビジネスホテルに宿泊する様子を確認し、くれぐれもトラブルにならない様に話し合った上で御依頼者様方に所在を報告した・・。

その後

さすがに「何でココが・・・」みたいな感じで驚かれたのだろう、言い方は悪いが観念されたみたいで、依頼者様方とは和解し下請け代金を受領されたとの一報を頂いた・・・。

料金

着手金216,000円(税込) 成功報酬324,000円(税込)

調査事例B

15歳(中学生)の娘が家出して帰ってこないとの相談を受けその行方を捜す。手掛かりは親しい友人の住所リスト・家出の原因になった内容が「高校に進学せず、都会に出て働きたいとの希望が御依頼者様(親御様)の意見と衝突したとの事であった。又、所持金を御依頼者様の財布から5万円くすねているとの事で、遠方への失踪も不可能ではない。よくよく話を聞いてみれば当社スタッフと母校が一緒であった為、協力する形で受件する。

着手

若く、多感な年頃の子供さん達は本当に突拍子も無い行動に出る事がある為、依頼者様に警察・空港・駅等に被調査人である子供さんの写真を持って届け出る様に御提案した。その後その対応を補佐するべく空港及び駅に調査員を派遣し、始発から最終迄張り込み調査を実施する。 (結果)2日間の張り込みを実施するも空振りに終わり、恐らくは付近にいるものと断定。友人関係をマークする・・・。その後友人の一人が夜間に外出する姿を確認。気付かれない様に慎重に尾行する・・・その後友人はコンビニエンスストアでパンや弁当等の買い物を済ませ再び移動を開始する。 ・・・行き先は郊外にある古びた借家(一軒家)であった。何で??こんなトコに???その後家の中から時折聞こえる笑い声や内容より被調査人の子供さんであると確信し、御依頼者様に連絡を取る。

結末

慌てて飛んで来られた御依頼者様が中に踏み込むと、悪びれた様子も無く「ゲームの終了」みたいな感じで帰宅の途についた。なぜだか怒る様子も無い御依頼者様、心配を掛けた素振りも見せない子供。何かがやり切れず翌日御依頼者様に当社にお越し頂きお話をした・・・。今後このままでは次第にエスカレートして歯止めが効かなくなる事、実情、若い未成年者が暴力団等に誘われ覚せい剤等の犯罪行為に手を染めた実例等、何も知らず落ちて行けばトンでもない事になりますよ。と気が付けば3時間近く夢中で話していた・・・。
「この子についてはどうして良いか分からない・・・。」との迷いからすっかり弱気になり叱る事も出来ない有様らしい。ほとほと困ってしまい、ついには子供さんに直接お越し頂くよう、御提案した・・・。何が何だか分からず連れてこられた子供さん。警戒心アリアリの眼差しでこっちを見ている様に「私は探偵です。今回、あなたの親御さんから頼まれて君を探し出しました。もしも今後又、家出する様な事があっても私は君をきっと探し出すよ・・・。」と開口1番告げると「探偵???」と恐ろしいやら興味津々といった様子やら何とも複雑な表情で見ている・・・。私はそのまま話を続ける・・今、君がやっている事が後々どんな形で災難となって降りかかってくるかも知れない事を・・・。 その後さすがに怖くなったのか、思い詰めた表情で自身の心境をまるでぶちまけるように話してくれた・・・。一部の友人と関係が上手くいってない事、両親と進路について意見が合わない事、常に勉強・成績の結果で他の兄弟と差別されるような気持ちがしている事、所持金が無くなったら自殺も考えていた事・・・。一通り吐き出すと純粋な涙でくしゃくしゃになっている姿を見て「もう大丈夫」と声を掛ける。この日だけ特別に別室で待機している親御さんに本人の話が聞こえるように配慮していた。その結果両親も泣きながら事務所に飛び込んでこられて涙のオンパレードである。 その後皆様で一緒に話をして「何かあったらオジサンの所に相談においで!いつでも待てるから!!」と声を掛けると「ありがとう!」と素直な挨拶。もう大丈夫と思った瞬間どっと疲れの出た調査であった・・・。後日、親御さんより本人が進学を決意し猛勉強に励んでいるとの御連絡を頂き、勝手に感動した私であった・・・。

料金

着手金162,000円+成功報酬(子供さんの未来の為、サービス)

調査事例C

大学時代交際していた恋人に連絡を取りたい。20年以上前の事なので相手も結婚しているだろうから迷惑の掛からないように連絡を取って今度サークルの仲間で集まり同窓会を行なう旨の話をして欲しいとの依頼。手掛かりとして被調査人様の大まかな出身地と生年月日のみであった・・。

着手→結末

意外とこの手の調査は手掛かりが少なくとも判明が早い。当然、ノウハウもある事なのでここでは割愛させて頂くが・・・。直ぐに判明。間髪入れず連絡を取る。日曜日の午前中だったという事も重なり御本人様が電話に出られる・・。 「○○様ですか」「はい、私ですけど・・。」「株式会社OTS探偵社です。」堂々と名前を名乗れる調査の嬉しい事、嬉しい事。「はぁぁ・・。」「実は○○様からの御依頼で同窓会の御案内を御連絡させて頂きました・・・・」 「(しばし絶句)・・・。よくここが分かりましたね・・・。」「はい、それが仕事なもので・・。申し訳ありません、驚かれたでしょう」「驚いたがそこまでして○○さんが私を探してくれたのが嬉しい、こちらから直接連絡を取っても差し支え無いのでしょうか?」「勿論、ちゃんと御連絡先を賜っております」・・・・その後電話を切り、待つ事2時間余り御依頼者様より驚きと喜びの御電話を頂く・・・。「すごーい!!どうやってわかったの??」「すみません、そこは企業秘密もあるので勘弁して下さい」「そうよねーでも本当によかった・・・。」

料金

着手金108,000円+成功報酬54,000円

調査事例D

御依頼者様の息子さん(40代)が失踪した。以前より被調査人様には病的な放浪癖があり家族で捜索し、運良く連れ戻しても失踪の繰り返しとの事であったが、今回はさすがに発見に至らず御依頼となる。手掛かりは数枚の写真と使用車両、過去に発見されたのがパチンコ店やカプセルホテルであった事、所持金は3~4万位しか持たないが複数枚のクレジットカードを所持しており、キャッシング等が可能である事のみ。

着手

直ぐに手持ちのカード会社に連絡し、事情を話し出来れば貸し出し禁止の措置を講じて貰う事。被調査人様が店頭に現れた場合、連絡を貰う約束をし、もしも被調査人様が貸し出しを強く求めたとしても返済能力が無く、又、御家族としても変わりに返済等を行なう意思は無い事などを念押しするように御提案した。その一方で私達は調査チームを編成し、地区ごとに捜索エリアを振り分けし、御依頼者様の許可の下手当たり次第の聞き込み&捜索を開始する。

結果

数日が経過したものの何ら手掛かりは得られず検討の結果調査時間帯を昼間から夜間まで拡大し、市内全域をもう一度隈無くローラー作戦を展開する。所持金もそろそろ底を尽く頃だろうと考えるとそろそろ当社の包囲網に掛かっても良い頃なのに・・・。と焦りの色も出る、そんな矢先・・・。
「社長~!本人(被調査人様)の車輌が○○○○に~!!(車買取屋さん)「ぬゎに~!」さすがに「やられた~」と思った・・・。私達がローラー作戦を展開する時に車輌は唯一の大きな手掛かりになる時がある。それを売って処分されたら・・・。正直、キツイ!直ぐに店頭にさりげなく聞き込む様、指示したら「この車は今御客様が売却される為に近くに必要書類を取りに行かれています」との回答。直ぐに付近の役所に急行すると館内に於いて被調査人様を確認した!!!」「よっしゃ~!」・・・しかし・・近くとはいえ徒歩で行ける距離ではない、そっと動向を探ると・・・。なんと女性の運転する車輌に乗車したではないか!「???」と頭の中で整理がつかないものの直ぐに同女性車輌のナンバーを控え尾行調査を開始する。・・・その後被調査人と女性は先の車買取屋さんで車輌を売却した後、近くで食事を済ませ車で15分程のアパートに入る。「ここが女性の自宅か・・・。」その後張り込みを続け、同所に被調査人様が転がり込んでいる様子を確認した後、御依頼者様に報告をした・・・。

結末

今までと全く違った結末に御依頼者様方も「絶句」であった。さすがに今回は女性問題も浮上した為か御両親には愛想をつかされ、奥様とは離婚問題までに発展した様子である。これが真の解決なのか否か良く分からないが・・・。今後幸あれと祈るばかりである・・・。

料金

着手金378,000円+成功報酬378,000円

※「調査事例は実際に当社でお引き受けした案件を元に、プライバシー 保護の為、一部内容等を変更してあります。御了承下さいませ。

無料相談24時間フリーダイヤル受付中

 

フリーダイヤル TEL 0120-556-624 24時間相談員が直接対応いたします。

PAGETOP
Copyright © 株式会社OTS探偵社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.